2005年02月

2005年02月09日

お蕎麦屋さんを出て、青梅線に沿って散策。
しかし眼下に見える深く早い流れは
とてもニコタマ近辺のそれと同じとは思えぬ美しさ。
まるで翡翠のような色なのです。

街道沿いには小さなホテルや旅館などが建ち並んではいるものの、
閉鎖されてしまったらしいものがあったり、
平日ということも手伝って閑散としている。
そういう観光地特有の活気が色褪せているせいもあってか、
山村の日常に迷い込んだような錯覚に。

普通に、夕暮れ時の近所をのんびりと散歩しているような、不思議な感覚。

そんなことを感じつつ、ぶらぶら歩いていると大きな三毛猫発見。
声を掛けるとニャーと返事をしてきたので、ちょっとだけナデナデ。

途中、橋を見つけたので渡ってみる。
川の美しさもさることながら、山の空気の濃くて美味しいこと!
冬の只中というのに、みずみずしく生命に満ち溢れたような新鮮な山の香り。
深呼吸していると、体の隅々に広がっていくようで
そこにしばらくいれば悪い部分が浄化されるんじゃないかと思うほど。
立ち止まって、しばらくスーハースーハー・・・ちと様子が怪しいけど(笑)、
でも山の空気は美味しかった。^^

そうこうしているうちに、日はどんどん暮れてきてしまったので、
そこから10分ほどの距離だろうか、最終目的地の温泉施設まで急ぐ。

入り口のところにあった電光掲示板に「本日の受付は18時まで」の表記。
えーっ!?いつももっと遅くまでやっているのに・・・
で、時計を見ると17時ちょい過ぎ。あぶねーっっ^^;;;;

ってことで、さっさか受付を済ませて、内湯なんてスルーして真っ直ぐ露天へ。
遥か下に川面を望む露天は絶景。川面には夕空の朱鷺色が映りこみ、
山は静かに黒い姿を現している。そして・・・谷から吹き上げる心地よい冬の風。^^

お湯の流れ込む音以外は、風の音と、遠く川のせせらぎの音と。
何も考えず、ただ湯に体を浸し、頬には心地よい冷たい空気。至福の時です。^^

時間の許す限り、露天を堪能した後は、
施設の食堂であわび茸などの山の味をちょこっと楽しみ、
19時の閉館までのんびりぼんやり。

外に出ると、漆黒の空。そこに小さくも力強く輝く星がちりばめられるように見える。
山のチカラをほこほこに充填して、真っ暗な山道を帰路へついた。

(17:00)
今日は前々から行ってみたいと思っていた奥多摩方面へ。中央道をひた走り。
中央道と言えば、もちろんあの場所ではあの歌を歌うに決まってるんです。
♪右に見えるなんちゃら~・・・。
えー・・・実は音源も持ってなければ歌そのものもホントは良く知りません(笑)。

八王子でおりて、
そこから滝山街道(たきやまかいどう)と呼ばれる国道411号線へ。

途中、吉野梅郷という梅の産地らしい梅林の続く町を通る。
町にはここそこに古く赴きのある建物が点在している。
その一角の風景だけを切り取って眺めていると、
まるでタイムスリップしたかのような感覚に。

春に咲き誇る桜も好きだけれど、早春のこの時期に控えめに花をつける
梅の木のたたずまいはとても好きだ。ほころびはじめた白梅や紅梅を
左右に楽しみつつ町を抜け、更に奥へ。いつしか風景は街から山のそれへと変わる。
眼下には深緑色の清流が岩の上をすべるように流れている。

今日は
「もうアッタマキタ!奥多摩行って!蕎麦食って!しまいにゃ温泉入ってやる!!」
と思っていたので(なんでキレる)、まずはお蕎麦。^^
実はこのためにお昼ご飯もちょっと控えめに我慢していたくらい(笑)。

いくつか候補のあった中の、ある一軒のお目当てのお蕎麦屋さんへ。

c4880e7b.jpg


かやぶき屋根のこじんまりとした素敵なお店です。^^
外観からも想像できるとおりの赴きある店内は
懐かしい感じのするとてもくつろげる雰囲気で、
おばあちゃんちに遊びに来て居間でやれやれと腰を落ち着けたような気分に。

7c8cc7a3.jpg
 2ca9392e.jpg


なんや知らんけどこのダルマ、ごっつ眉毛長かった。


5ce84f4f.jpg


岩茸(いわたけ)という珍味。
その名から容易に察することができるように
岩場に生えている藻類で採るのが大変なんだとか。
コリコリというキクラゲのような食感とちょっと海苔っぽい風味と。
画像のそれは真っ黒で全然美味しそうでもなんでもありませんが、
とっても美味しいです。^^


9b54b461.jpg


小ぶりのザルにこんもりと盛られたもりそば。
その太く素朴な手打ちのお蕎麦はスルスルと喉越しを楽しむと言うより、
ズルズルッ、もぐもぐもぐ、かみかみかみ・・・
口の中でお蕎麦の風味と食感をぞんぶんに楽しみました。とっても美味しい。^^
辛目のつゆが蕎麦によく絡む感じも好みです。
別で頼んでいたとろろにお蕎麦をくぐらせて食べたり、満喫♪

蕎麦湯は甘酒のように白くドロッとしていて理想的♪
あつあつをすすりながら窓の外を眺めれば、灰色の冬の山。
眼下の木々の隙間から川の深緑が見える。
目の前の国道の車が途切れると、あっという間に静寂の世界。
ふすまの向こうから聞こえるお店のおばちゃんたちの明るい話し声を心地よいBGMに
ずいぶん長い時間、そこでくつろがせてもらっていた気がする。

美味しいお蕎麦の後は散策と温泉です。^^

(15:00)