2005年08月21日

b7c07c1e.jpg


岬へ向かいます。
銚子電気鉄道は単線で、ガタゴトと一生懸命走る姿が可愛い。
私たちの乗ったのは一両編成でした。(全部そうだったかなぁ)

驚いたのが、
とある駅で停車して、いざ出発!とドアが閉まって動き出した途端、

「降ります!」

慌てて、一番前のドアまで駆けてくるおじさん。
それに気づいた運転士さんが、すぐさま電車を止め、
ドアを開けてくれました。


(12:29)