2008Martin神戸~尾張瀬戸

2008年07月27日

8661ed43.jpg


阿佐ヶ谷に向かいます(笑)。

(14:43)
51df27b7.jpg

古い店構えや家屋が所々に残る静かな街でした。

0e91124b.jpg
7b02b387.jpg


df1b5d65.jpg
e1fcc494.jpg


(13:49)
8e0ded4c.jpg

このところ、数名の間で話題沸騰中だったうなぎ屋、
尾張瀬戸にある「うなぎの田代」に行ってきました。
時間を間違えて30分早く店に着いてしまい
店ではまだおじさんが炭火をおこしている最中。
「名前教えといて。開店の5分前までに来るといいよ。」
と、言ってくれました。
近くの神社や商店街を散策し、戻ってくると
すでに7~8人の人達が並んでいます。
その頃にはうなぎがどんどん焼かれはじめ、
香ばしい煙がもうもうとたちこめていました。
名前を呼ばれて順に入店。期せずして1番乗り(笑)。
カウンターに座ってうな丼を注文。
気づけば小さな店内は満席に。
注文の電話も頻繁にかかってきます。
「うなぎの田代です」じゃなくって
「はい、うなぎ屋です。」って出るのがなんかいい感じ。
ここのうなぎは、まだ活きているのをその場で捌いてすぐに焼きます。
捌くのと焼くのはメインでおじちゃんがやっていますが、
おじちゃんが捌いている間はおばあちゃんが焼け具合を見ています。
通常のうなぎは、焼く前に下ごしらえで蒸すのがほとんどらしいのですが、
そのまま焼くことで普通のうなぎとは食感が全然違うのです。
表面カリッ、噛むと身はプリッとした弾力があって
最後に口の中でホロホロとほぐれていきます。
なんとも豪快なうな丼です。
このあたりは瀬戸物の街で、過酷な仕事のスタミナ源として
うなぎ屋が多いのだそうです。
ダイナミックで旨味満点の味を堪能しました!
念願叶った!

a41cb649.jpg
3bd456de.jpg


6f567f63.jpg


ちなみに、田代の並びにある焼きそば屋さんも
この界隈の名物。

(12:51)
3168ef5b.jpg

名駅から中央本線(!)に乗り換えて
大曽根へ。そこから名鉄に乗り換えて尾張瀬戸です!

d45a2335.jpg
d8ab3787.jpg


87eb4d85.jpg
8059a2c8.jpg


(11:12)
9d863f5f.jpg


大体いつもそうだけど
頂上は雲かぶってます。

(08:58)